スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看板娘と看板息子??

このブログのプロフィール写真のネコですが、うちの看板娘なんです。。。。。。
でもうちで飼っているわけではないんです。
店の隣の家に、これまた勝手に居ついてるコで、可愛い子猫が3匹居ます。
いつもお店が開いたら、入ってきてほとんど一日ゆっくり過ごしています。

3

店の前の小道でのんびり日向ぼっこしてる姿。。。。。
目を瞑ると笑っているようです。

この子の名前は、元々三毛猫の三毛と言う意味で『サムシー』と呼んでいたのですが、最近改名をしたのです。
新しい名前は『チョークディー』=ラッキーという意味です。
なぜ改名したかと言うと、うちの料理人が毎日近所の焼き鳥屋台からレバーを買ってきて、このコに食べさせていたんです。
食べさせるたびに、『あんた今度私の宝くじ当たるように手助けしてよ~!』って言っていたんです。
そして先週の宝くじの当選発表で!何と!!6万バーツ当選したんです!!!
うちの料理人は、本当はネコは好きではないらしいのですが、それからというもの、めちゃくちゃ可愛がって居ます。今では可愛い鈴がついた首輪までつけてもらってます。

13

オナカがいっぱいになると、こんな感じで居眠りをしています。
どこでも寝てしまうので、踏まずに歩くのが大変ですwww

4

そしてもう一匹、この子は男の子で、『セーム』と言います。
お店の名前『SAMSARA』のSAMをタイ語発音で読むと、セームになるのでこの名前になりました。
とても甘えん坊なのですが、この子もうちに住んでいる訳ではなくて、店の前のお寺から出勤?してくるコなのです。

お店に来られたら、きっとこの2匹に出会うと思います。
でも飼い猫ではないので、とつぜんびっくりして引っかいたりするかもしれないので、触ったりはしないでくださいね・・・・・・。
スポンサーサイト

運河のアートスペース (バーンシラピン)

水曜日はお店の定休日です。

定休日の前の日に、猫写真家の友人から面白そうな情報を聞きました。

うちの店のように川のそばにあって、しかも古い家屋を利用しているちょっとしたカフェとアートスペースがあるという話。
うちの店はチャオプラヤー川ですが、そこはチャオプラヤー川から支流を分けた運河にあって、それも私の家のあるタリンチャンに近いとの事。

場所はペットカセーム通りからペットカセームソイ28を入って行き、ワットクーハーサワンというお寺の駐車場に停めてから歩いて少しのところ。

アーティストハウスへの道

途中、小さい田舎町のような商店があります。

アーティストハウスへの廊下

小さい運河に面した家屋が何件も並んでいて、しかも廊下が木で出来ています。
ちょうどアンパワーというバンコク近郊の県にある水上マーケットに似ている雰囲気でしょうか・・・・・。

版画のワークショップ

『バーンシラピン』=アーティストの家に到着。
入り口にいきなり版画を乾かしている光景に遭遇!
そこにはちょうど、相方の美大時代の先輩がワークショップを仕切っていました。
ワークショップは毎日やっているそうで、ゴム版のモノプリントが出来るそうです。

仏塔

驚いたことに、この家の中庭にはお寺の仏塔がいきなりあります!!

仏塔2

仏塔のそばには小さな祠のようなものもあって、異次元な雰囲気をかもし出しています。。。。。

アーティストハウスの中庭からの眺め

仏塔の裏から店を撮影、何だかチェンマイかチェンライにあるお店のようでしょ?

アーティストハウスのカフェ

カフェスペースもあって、とても安い!値段でタイ風コーヒーとお茶が飲めます。
ほっとしたお味です。

アーティストハウスの船

運河

お店のカフェスペースそばに停めてある木造の船と運河を通り過ぎる、どこからかやってくる西洋人を乗せたボート。きっと暁の寺あたりの船着場からあ乗ってきてるんじゃないかな?

アーティストハウス2階

2階はアートギャラリーになっています。
古い窓からの採光がとてもノスタルジックで素敵です。

アーティストハウス2階から

2階からカフェ部分を撮影。
2階にもカフェがあれば素敵なのに・・・・と思いました。

行かれたい方は下記の連絡先にお問い合わせくださいね☆
(TEL)02-868-5279
(MAIL)Artist_house@hotmail.co.th





特等席♪

お店に居るとき、ほっとしたいときにいつも座る椅子があります。

その椅子ははじめ、スタッフが休みたいときにと設置したのですが、今ではお客さまのお気に入りの席だったりします。。。。。

特に西洋人のカップルのお客様にうけているようです。

特等席

以前、雑貨とインテリアのお店をシーロムと言うところでしていた時に仕入れたインドネシアの椅子ですが、
お店に置いて居たときには、座り心地がいまひとつで売れ残ったのですが・・・・・、
このお店に来てからは、いきなり人気者です♪

特等席からの景色

椅子にすわると、景色がこんな風に見えます。
水面に近くなって、とてもリラックスした気分になりますよ。

特等席からの眺め

私は残念ながらアルコールが一切だめなので、コーヒー片手にお客様が居ない時に座っております

隠れ家と言われる由縁・・・・・(お店へのアクセス)

お店のある場所は、ソンワート通りと言って、昔から商人が軒を並べている場所です。
私のお店くらいの古い建物も、注意して見れば結構残っているのがわかります。

開店してから今まで、どこにも宣伝広告を出したことがありませんが、周辺にうちの店のような看板がないからでしょうか、お客様が来ない日はありません。

店の看板

お店の一番大きな看板は、ソンワート通り沿いの、ワットパトムコンカーというお寺の端にある交番の前にあります。
大きな月にsamsaraのロゴが入っています。。。。。雲の尻尾の先の方向へ歩いてきてもらうと、車の鉄部品の山が見えます。

店へ入る路地への入り口

上の写真の奥のほうにもうひとつ、店の看板があるのですが、見えますか・・・・・?
路地の看板

一見、何もなさそうに見えますが、たじろかずに歩いて来ていただくと、

路地入り口付近

こんな路地に入ります。。。。。。
それをどんどん歩いてきていただくと・・・・・・、

店の前の看板

また店の看板があります。
この看板は店の一番近くにある看板です。
(入り口のすぐ前です!)

とても狭くて、お世辞にも綺麗とはいえない路地ですが、お店に入ると今までのイメージを覆す川の景色に驚かれるはずです・・・・・♪

お店の周辺の地図もリンクしました。
隠れ家カフェでお待ちしております!




お店周辺の地図

お店での儀式

おまじない・・・・

お店を開店してから、もう2ヶ月を過ぎますが、タイでは忘れてはならない儀式を8月8日に行いました。

こちらでは新しく家を建てたり、店を開けたりするのに、その家の元の持ち主やその土地の精霊にご挨拶と感謝を表すために、お寺のお坊様を招待して仏様とお坊様、元の持ち主の方々や精霊にお供えをいたします。
お供えというのは、お食事をご用意してそれを頂いてもらうのですが、タイでは徳を積む大事な行いとして尊重されています。

お食事の前と後に、(特にお食事の前ですが・・・・・)長い長いお経を詠んで頂き、その後お店の入り口や看板に白い粉でおまじない?をしてもらいます。
(これは悪いものが入ってこないようにするおまじないだそうです。。。。)

お坊さん

9人のお坊さんをご招待して供養を行いました。
タイでは9という数字はラッキーナンバーなのです。
9はガーウとタイ語で言いますが、ガーウナー=前に行く、先に行くと言う意味で良いとされています。

お供え

お供えは今回、うちの料理人さんが朝早く来られなかったので、うちで作れなかったのが残念ですが、友人が朝早くから走り回って、綺麗なお供えを持ってきてくれました。
友人はうちの店のデザート部門を担当しているので、お供えも何だかお菓子が際立ってます♪

2ヶ月も経ってからの儀式でしたが、さらに心機一転!丹田に力をこめて頑張ります!

はじめまして・・・・・

SAMSARAのテラス

はじめまして!

バンコクの中心、ヤワラート通り近くにあるソンワート通りでカフェを始めました。
ソンワート通りは、古い建物が沢山残る地区で、実はバンコクの穴場と言われる観光スポットかもしれません。

私のお店も実は築150年以上は経っています。
木造建築で、チャオプラヤー川沿いに建っています。
昔は炭の荷下ろしをしていた商家だったそうで、川に向かったテラスは広々として、ゆったりと25人は座れます。。。。。

カフェですが、開店ホヤホヤでスタッフがまだ揃っていないので、開店時間が16時から23時までなのですが、
スタッフが揃い次第、11時から開けたいなぁ・・・・・っと思ってます。

日本風にハンドドリップしたチェンマイ産の珈琲や、手作りジンジャーエール、ミルクたっぷりのチャイ、フレッシュライムソーダや、タイを代表するプレミアムビール『プーケットビール』や各種ビールをキリリと冷やしてお出ししております。
お料理はタイフュージョン料理、スペシャルメニューも毎日ごさいます♪

アートギャラリーも併設してます。

まだ開店して約1ヶ月ちょっとですが、いろんなイベントが出来れば良いなぁ・・・・っと思っています。
このブログでは店を中心に、ご近所のことやタイ情報を紹介していきますので、これからもどうぞご贔屓に・・・・・・。

よろしくおねがいいたします!


プロフィール

カイケム

Author:カイケム
チャオプラヤー川のそばでカフェをやっております。
バンコクの喧騒からは信じられないような静けさとリラックスをご提供します~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。